kay★Capricious Story

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
財布の紐と体だけはカタイ女、kayです。

老化防止のために始めたストレッチも意思の弱さで、
3日坊主ならぬ1日坊主でした。アッパレ!(*´∇`*)

そんなあたしが硬く凍りついた話をします。

ちょい前に、友達とご飯を食べていました。

すると、隣に座ってた女子高生チームの中の一人の女の子の携帯が鳴りました。
(確か、着メロは♪こな~ゆき~♪でした。どうでもいいですが・・・。)

『あ~ヽ(^∀^*)ノ ユキちゃん!久しぶり~』

女の子からの電話のようです。
でも、周りの女の子の様子がなんだかおかしいです。
<切れ!切れ!>とゼスチャーしてます。

ん??

『あ~、ごめん!今、トンネルやねん。。。』


えっ??(@_@) めっちゃ店内ですけど?


『えっ?なんて?電波が・・・。あ~、切れそう~。切れるわ~切れるぅ。』

ブチっ!


ひょえぇぇぇ~!!!ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!


そんなんアリですか?
てか、女子高生がトンネルって。一体。。。

一瞬でこんな嘘が思い浮かぶのってスゲー!ってちょっと感心した女、kayでした。



スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。