kay★Capricious Story

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
jun4kay2.jpg
『北朝鮮でデビューしたら成功するよ!』って
言われた経験のある女、kayです。

コレ、すごいでしょ。描いてもらたったんです!

少々、いや、かなりかわいく描かれた気もしますが・・・(汗)

根っからの嬉しがりなんで早速、載せました。ヾ(´ε`*)ゝ テヘッ

今日もまた彼氏のお話です。

普段、デートする時、彼氏は自分のよく行くお店に連れて行ってくれます。

そんなある日、行きつけのハンバーグ屋さんに連れて行ってもらった時のことです。

そのお店はとってもリーズナブルでワンコインでおつりがくるような庶民的なお店です。

店内はレトロな雰囲気でマスターはダンディーな感じ。

彼氏はよっぽどそのハンバーグが好きなのか、テンションも高く、
あたしも、『そんなに美味しいんやぁ~☆』ってワクワクしていました。

しばらくすると、<チーーーン♪>という音。

あたしは内心、『はて?電子レンジ?まさかな。。。┐(´ー`;)┌フッ 』
と思っていると、料理が運ばれてきました。

彼氏は、待ってました!とばかりにハンバーグにかぶりついています。

『どう?ウマイだろ?ウマイだろ??なぁ?ウマイだろ??


そんな彼氏に圧倒されあたしも、『ウッ・・・ウン・・・(^_^;)』と答えるのが精一杯。

あっという間に食べ終えて大満足な顔でお店を出て行く彼氏。

これは今でも秘密にしていますが、そのハンバーグ・・・




消しゴムの味がしました。(爆)



彼氏にはもっといいものを食べてもらいたいです。

頑張れっ!!彼氏!v(^∀^*)


。・。・゜★・。・。☆・゜・。 。・。・゜★・。・。☆・゜・。 。・。・゜★・。・。☆・゜・。


BZCS-1039.jpg bc56fb1c-s.gif ←クリック☆クリック

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。