kay★Capricious Story

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、友達に『夕樹舞子に似てるね!』って言われた女、kayです。

誰やねんっ!? いや。うそ。知ってる。ビデオ屋に確認に行ったもんね☆


男の人は年齢を重ねるごとにフェチの場所が変わっていくらしいです。

ごくごく一般的なのは、おっぱいから始まって徐々に下に下がっていくんやってね。

彼氏も例外ではなく、まずはおっぱいから入学したんやって。

『じゃあ今はどこらへんなん?(^∀^)』って聞いたら、

『俺は今はおっぱいは無事に卒業して腰のくびれにいるよ!
まぁ、富士山で言えばまだ三合目あたりかな。( ̄ー ̄)y-゜゜゜フウ~』
ってなぜかめっちゃカッコつけて言ってました。

半ば呆れて『じゃあ、一番下までいったらどうなるん?(・・?)』
って聞いたら、

『そりゃ~お前、うなじ、鎖骨と来て最後にはおっぱいに帰るのさ。( ̄ー ̄)y-゜゜゜フウ~』
ってなぜか意味もなくダンディに語ってました。


もし、飛び級していきなり彼氏がおっぱいに戻って来たらどうしよう…。

あたし、絶対単位取れへんわ!!(+_+)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。